§2 - カラー

2-1 属性

▼色の重要性
WEB製作時、色を考慮するのは大事な事です。
配色によって読みやすさに差が出るばかりではなく、人間は色毎にイメージを持っているからです。
例えば、茶色背景に灰色の文字では、読む事が非常に辛くなります。
また、茶色を見て夏を連想する人は極少数でしょう。
更に、色は単独だけでなく、組み合わせによっても様々な現象を引き起こします。
以下、それらを確認していきます。


▼色を表現するための3つの属性
本来、色は感覚的なものですが、利便性のために以下の3つの属性を使って定量的に表現します。
・明度
・彩度
・色相

-○明度
どれぐらい明るく感じるか、です。数値が高いほど明るく感じます。


画像j2-1-19


-○彩度
彩度が高いと澄んで見え、低いと濁って見えます。
白、灰には彩度と色相がなく、無彩色と呼ばれます。
彩度が最も高くなるのは無彩色が全く含まれていない場合で、純色と呼ばれます。


画像j2-1-20


-○色相
「何色っぽい」という時の「何色」が色相です。
色相を並べた図は色相燗と呼ばれ、色相燗において向かいにある色は補色と呼ばれます。


画像j2-1-21


▼トーン
色については、トーンで表現される事もあります。

-○トーン
明度と彩度の組み合わせで表現されます。
トーンの図において同じ位置にある色同士の組み合わせは馴染みが良くなります。


画像j2-1-22


>>このページの上に戻る

スポンサードリンク

SponsoredLink

MENU

§1 - レイアウト
1-1 レイアウトの基本
1-2 コンテンツとは
1-3 ナビゲーション手法
1-4 ナビゲーション配置例

§2 - カラー
2-1 属性
2-2 連想作用
2-3 配色の掟
2-4 配色の掟2

§3 - WEB標準とユーザビリティ
3-1 WEB標準
3-2 アクセシビリティ
3-3 ユーザビリティ

§4 - WEB制作の流れ
4-1 ワークフロー1
4-2 ワークフロー2
4-3 ワークフロー3
4-4 ワークフロー4
4-5 ワークフロー5
4-6 ワークフロー6
4-7 ワークフロー7
4-8 ワークフロー8
4-9 ワークフロー9

about

将来WEB制作の職に就きたい、アフィリエイトを本格的にやってみたいという初心者向けのサイトです。
WEB制作を行う上で知っておくべき常識を、体系的に解説しています。
記事内容は初心者を想定しています。

当サイトのプライバシーポリシー及び運営者情報については、下記リンク先のページをご覧ください。
プライバシーポリシー
運営者情報

アクセスランキング

アクセスランキング