§2 - カラー

2-3 配色の掟

配色時に守るべき項目
WEB製作時は、少なくとも背景とコンテンツの2色を使用する事になります。即ち、色単独とその組み合わせを使いこなす必要があります。
ここでは、色の使いこなしについて重要な3点の確認を行います。


-○メリハリ
色には軽い・重いがありました。全体が軽い色だけだと軽薄に、全体が重い色だけだと息苦しく感じます。
そこで、反対の色を使ってメリハリをつけます。
画像j2-3-27は、軽い配色の中にナビゲーションだけ重い色を用いる事で、引き締まった印象と落ち着きを与えています。


画像j2-3-27
(参考:COOKPAD


-○統一感
異なる色相を合わせる場合は、同じトーンの色を用いると統一感を保てます。
画像j2-3-29は、


画像j2-3-28


-○基本は2色+α
配色は必ず根拠があって決定されるものです。
基本となるベース、ベースの補助の2つでサイトイメージが決定されます。
これに、視線誘導や強調のためのアクセントを加えた2色+αが基本となります。

・ベース
最も印象に残る色です。全ページで共通部分に用いるなどして、サイトイメージを作ります。

・補助
ベースと対で使われる色です。ベースと相性の良い色を選択します。

・アクセント
ベースと補助の彩度が低い場合に、彩度の高い色を用いて視線誘導や強調などを行います。



>>このページの上に戻る

スポンサードリンク

SponsoredLink

MENU

§1 - レイアウト
1-1 レイアウトの基本
1-2 コンテンツとは
1-3 ナビゲーション手法
1-4 ナビゲーション配置例

§2 - カラー
2-1 属性
2-2 連想作用
2-3 配色の掟
2-4 配色の掟2

§3 - WEB標準とユーザビリティ
3-1 WEB標準
3-2 アクセシビリティ
3-3 ユーザビリティ

§4 - WEB制作の流れ
4-1 ワークフロー1
4-2 ワークフロー2
4-3 ワークフロー3
4-4 ワークフロー4
4-5 ワークフロー5
4-6 ワークフロー6
4-7 ワークフロー7
4-8 ワークフロー8
4-9 ワークフロー9

about

将来WEB制作の職に就きたい、アフィリエイトを本格的にやってみたいという初心者向けのサイトです。
WEB制作を行う上で知っておくべき常識を、体系的に解説しています。
記事内容は初心者を想定しています。

当サイトのプライバシーポリシー及び運営者情報については、下記リンク先のページをご覧ください。
プライバシーポリシー
運営者情報

アクセスランキング

アクセスランキング