§2 - カラー

2-4 配色の掟2

配色時に守るべき項目の項目2
前項までに確認した色についての内容を、実際の配色作業に落とし込んでいきます。


-○ターゲット層とコーポレートカラー
ターゲット層を明確にすれば、訪問者が受け入れやすいイメージ作りが出来ます。女性がメインで可愛らしい雰囲気ならピンク、ゴージャスなら黒金、力強さなら黒黄、透明感なら青白、といった感じです。
同様に、コーポレートカレーや、そのサイトのメインである商品カラーを基調にすれば、サイトを企業や商品と直結出来ます。
コーポレートカラーはヘッダ・フッタ・ナビゲーションに用いられる事が多いです。


-○テキストの視認性を考慮
視認性は背景とテキストの明度差、色の組み合わせで決まる事は述べました。背景の検討には視認性の確保が必須です。トップページで全体の色使いを優先した場合も、テキストの多いページだけ配色を変更して視認性を優先する方法もあります。
また、背景色の彩度が高いと訪問者は目が疲れやすくなるので、その点にも配慮が必要です。


-○サイト内での色使いルールの明示
サイト内全てを同じルールで配色すれば、訪問者は色を見ただけでそれが欲しい情報かどうか判断出来ます。
例えば、新着情報には赤い装飾、一時的なサービス停止には灰色の装飾、変化なしには装飾なし、とすれば、赤を見ただけで新しい情報だと判断出来ます。


画像j2-4-29



>>このページの上に戻る

スポンサードリンク

SponsoredLink

MENU

§1 - レイアウト
1-1 レイアウトの基本
1-2 コンテンツとは
1-3 ナビゲーション手法
1-4 ナビゲーション配置例

§2 - カラー
2-1 属性
2-2 連想作用
2-3 配色の掟
2-4 配色の掟2

§3 - WEB標準とユーザビリティ
3-1 WEB標準
3-2 アクセシビリティ
3-3 ユーザビリティ

§4 - WEB制作の流れ
4-1 ワークフロー1
4-2 ワークフロー2
4-3 ワークフロー3
4-4 ワークフロー4
4-5 ワークフロー5
4-6 ワークフロー6
4-7 ワークフロー7
4-8 ワークフロー8
4-9 ワークフロー9

about

将来WEB制作の職に就きたい、アフィリエイトを本格的にやってみたいという初心者向けのサイトです。
WEB制作を行う上で知っておくべき常識を、体系的に解説しています。
記事内容は初心者を想定しています。

当サイトのプライバシーポリシー及び運営者情報については、下記リンク先のページをご覧ください。
プライバシーポリシー
運営者情報

アクセスランキング

アクセスランキング