§3 - WEB標準とユーザビリティ

3-2 アクセシビリティ

▼アクセシビリティの意味
アクセシビリティとは、「利用環境(OS、ブラウザ、年齢、心身状態など)に関わらず、誰もが利用しやすいサイト設計」の事です。
高齢者や障がい者の中には、小さい字が見辛い、色の識別が困難といった方が多くいます。そういった人々も考慮するという事です。一部公的機関のサイトでは、アクセシビリティの考慮は必須項目となっています。

アクセシビリティが考慮されていないと、訪問者の利用環境によっては、スムースに利用出来ない、完了する前に諦める、という結果になります。これでは、情報伝達や物販といったサイトの目的が果たせなくなってしまいます。


-○判断基準
アクセシビリティについては、製作者の観点ではなく、第三者的な客観的判断が必要です。
具体例として、大型モニタ・高性能PCを使用している製作者の環境では快適でも、訪問者にとっては「横スクロールバーが出る」「スムースに表示されない」「ダウンロード完了までに時間がかかり過ぎる」といったケースをよく目にします。
また、フラッシュやジャバスクリプトについても、全ての環境で閲覧出来るわけではありませんし、色の組み合わせに対する視認性についても個人差があります。
WEB製作者は一般よりもWEBに対する習熟度が高いので、様々なケースに柔軟に対応出来ます。しかし、製作者を判断に製作すると、訪問者は「どこがどうなのかさっぱりわからない」といった状況に陥ります。
以上のような点は、大手サイトでも頻繁に目にします。

客観的判断のためのガイドラインとしては、W3Cなどが策定しているWCAG2.0というものがあります。
アクセシビリティの診断と改善提案をしてくれるツールもあります。

診断ツールの例
どちらも無料です。
トップ -ウェブアクセシビリティチェックサイトHAREL(WEB型)
富士通アクセシビリティ・アシスタンス(ソフト型)


-○ターゲットの選定
現在、主要ブラウザだけでも数種類あり、それぞれに複数のバージョンがあります。また、モニタサイズや解像度も違いますし、音声を聞ける聞けない、フラッシュやジャバスクリプトに対応出来るかどうかもあります。
こうしてアクセシビリティを最優先して考慮すると、最低サイズでリッチコンテンツ無し、膨大な数のブラウザに対応、と際限がなくなってしまい、現実的ではなくなります。

そのため、アクセシビリティをどこまで考慮するかは、ターゲット層を明確にする事によって決定します。
具体例として、某大手サイトでは、PCからサイト閲覧する場合でもケータイを持っているという前提で製作されています。これは、ケータイを持っていない人はPCからも閲覧出来ません。

想定する環境によって複数の手段を準備するのも手です。
フラッシュによるナビゲーションのサイトでも、フラッシュ未対応の場合のために、テキストリンクを併記したりします。トレードオフとして、製作工数・管理工数が増します。


-○特定環境への考慮
・色使いの配慮
遺伝による色盲や色弱(色覚異常)だけでも、その割合は男性場合約20人に一人とされています。そのため、色や文字を認識出来ない場合への考慮が必要です。

色の組み合わせについての視認性のチェックツールというものも存在します。
カラー・コントラスト・アナライザー


・画像の代替テキスト
XHTMLでは画像を使用する際、その画像が表示できない場合に表示されるテキストを指定します。このテキストを適切に設定する事により、画像が見れない場合でも内容を把握出来ます。


・XHTMLを適切な文章構造にする
XHTMLは情報自体を、CSSではレイアウトを担う事は説明しました。
XHTMLについては、各情報について適切な意味づけを行います。例えば、タイトル、見出し1、見出し2、本文、強調箇所、といったものです。これらによって、可読性・メンテナンス性が高まるばかりでなく、SEO(検索エンジン最適化)や音声ブラウザへの対応度も高まります。

また、テーブルによってレイアウトが行われている場合、音声ブラウザでは各情報の意味合いを判断出来なくなってしまいますので、<table summary=""></table>を用いるなどして、構造を伝える必要があります。



>>このページの上に戻る

スポンサードリンク

SponsoredLink

MENU

§1 - レイアウト
1-1 レイアウトの基本
1-2 コンテンツとは
1-3 ナビゲーション手法
1-4 ナビゲーション配置例

§2 - カラー
2-1 属性
2-2 連想作用
2-3 配色の掟
2-4 配色の掟2

§3 - WEB標準とユーザビリティ
3-1 WEB標準
3-2 アクセシビリティ
3-3 ユーザビリティ

§4 - WEB制作の流れ
4-1 ワークフロー1
4-2 ワークフロー2
4-3 ワークフロー3
4-4 ワークフロー4
4-5 ワークフロー5
4-6 ワークフロー6
4-7 ワークフロー7
4-8 ワークフロー8
4-9 ワークフロー9

about

将来WEB制作の職に就きたい、アフィリエイトを本格的にやってみたいという初心者向けのサイトです。
WEB制作を行う上で知っておくべき常識を、体系的に解説しています。
記事内容は初心者を想定しています。

当サイトのプライバシーポリシー及び運営者情報については、下記リンク先のページをご覧ください。
プライバシーポリシー
運営者情報

アクセスランキング

アクセスランキング